為替レートの推移

為替を利用した取引で利益を出すには、為替レートの推移を読む技術が必要です。為替チャートは、年単位や月単位、分単位のものがあります。どういった推移で、為替レートは動いているものなのでしょう。為替レートというのは外国為替の取引の際に、外貨との交換レートの事です。取引に際しては、為替レートに基づいての売買になります。

 

為替レートというものは、世界経済の情勢やニュースなどの情報を元にしている為、24時間常に変動しています。時々刻々と為替レートが推移していることを利用して、外国為替の売買で利益を得るという仕組みです。まず、1ドル100円の時に、五万円でドルを購入する場合を考えてみます。500ドルが手元にある状態で、$1=120円へと円安になった時に、円に換金するとどうなるでしょう。

 

6万円になるので、1万円の為替差益が生まれたと言う事になります。各国の取引などで、為替レートは常時変動を続けています。レートの推移を予測しながら、売買取引を行います。為替レートの推移を見ただけで、将来的に為替がどうなるかを確実に予想できる人はいません。為替差益を確保するためには、為替レートの推移を予測するために、チャート表の分析だけでなく国情や景気の動向を知ることです。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。