笠井

「笠井竹巳」

武蔵森、2年生。

この子も2年生でレギュラー。
藤代と仲良しさんです。
名前で呼び合ってるし。

でもたぶん、笠井くんは藤代に劣等感とかコンプレックス、感じてるんじゃないかなあと思うんです。

だって藤代は間違いなく天才だから。
それでも友情が成り立ってるのは、藤代がイイやつで、良くも悪くもまっすぐで、笠井くんの気持ちなんか考えてなくて、笠井くんがイイ子で、諦めてるからだと思います。

笠井くんはきっと才能あるけど、サッカーが好きだけど、自分の限界があることをわかってるんだと思います。

全国レベルのサッカー部でレギュラーもらってるからこそわかる、そんな環境だからこそ実感できる、限界の天井がきっと見えてるんだと思います。

渋沢や藤代のセンスはプロに行っても通用するけど、自分のはそうじゃないって。

中学、高校レベルなら通用するけど、それ以上の狭き門はきっとくぐり抜けられない。

そして、抜けて行く気も、たぶん、ないんじゃないかなあって。

今が楽しくて、それを失いたくないから足掻いているけど、たぶん高校、遅くても大学に入る頃には辞めてそう。

そんな笠井くんを見ても藤代は「辞めちゃうの?」と初めて知った、みたいな感じで驚くと思う。

笠井はそれが嬉しくて悲しくて、苦しくなったり。

いやあ、青春ですね!

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。