為替レートの推移とチャート

チャートを利用することで、為替レートの推移を把握することができるようになります。ある時間毎に為替レートがどう推移したかを、チャートではローソク足などで図にします。チャートはレートの推移と同じように、為替レートの強弱をみることができます。為替チャートは、外貨を売る人や買う人、投資家の動きや政府の政策などが形になって表れますので、結果的な為替レートの推移がわかります。

 

為替レートチャートは、為替レートの値動きを始値、高値、安値、終値の4つの値を使って1つの四角いローソクの形で表したものです。ローソク足チャートでは、上下にヒゲと呼ばれる部分が伸びており、その長さにも意味があります。長い上ヒゲが伸びていると、一旦は上がった数字が下落していることを表しています。為替レートが下がった時があったけれど、今はそうでもない時は下向きにひげが出ます。

 

他にもローソクの見方はたくさんあります。チャートの見方をきちんと習得する事が、為替取引によって利益を得る為には必要です。過去の為替の値動きについてより深く知りたいばあいは、過去にあった経済的な出来事を含めてチャートを見るといいでしょう。近年で言えばリーマンショック前後の為替レートの推移やチャートなどです。じっくりと過去の為替レートの推移を追いたいという場合は、為替の動向と国家間の動きを合わせながら考えてみましょう。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。