為替レートの推移と政治

為替レートは様々な要素によって推移します。近年、為替に大きな影響を与えたものに、衆議院解散と総選挙があります。衆議院解散後の総選挙の結果を受け、為替レートの上昇が続いていましたが、一時停滞後に円安にふれています。一般的に上昇した後は、下落という風に思いがちですが、単純な動きはしないのが為替レートです。政治が絡むと、上昇するか、下降するかは曖昧なものです。

 

衆院解散の後には、選挙があったり新しい政治的改革などや新しい法案など、政治的局面が変わりがちになります。国の経済への影響は予測しづらいものです。保ち合い局面という言葉がありますが、さざ波のように上がったり、下がったりを繰り返すことで為替レートは小刻みに推移することがあります。日本以外の国の動きも、為替レートの推移に関わってきます。アメリカの大統領選や、中国や韓国で起きる事件なども無関係ではありません。

 

取引為替レート、つまり対ユーロ、対ドル、対ウォンなど、通貨によってもどこを見るかは変わってきます。相手国と政治的、経済的にどのような関係があるものなのか、第三国の動向はどうかなどで為替レートは推移します。リーマンショック以来、世界的に金融不安になっています。ひとつの国のした事が、他の国に影響する事は、多々考えられます。為替レートの推移を知る時には、現在進行形で世界に何が起きているか、国内政治はどこに向かっているかも知ることです。

 

 

 

 

 

為替レートの推移とチャート

チャートを利用することで、為替レートの推移を把握することができるようになります。ある時間毎に為替レートがどう推移したかを、チャートではローソク足などで図にします。チャートはレートの推移と同じように、為替レートの強弱をみることができます。為替チャートは、外貨を売る人や買う人、投資家の動きや政府の政策などが形になって表れますので、結果的な為替レートの推移がわかります。

 

為替レートチャートは、為替レートの値動きを始値、高値、安値、終値の4つの値を使って1つの四角いローソクの形で表したものです。ローソク足チャートでは、上下にヒゲと呼ばれる部分が伸びており、その長さにも意味があります。長い上ヒゲが伸びていると、一旦は上がった数字が下落していることを表しています。為替レートが下がった時があったけれど、今はそうでもない時は下向きにひげが出ます。

 

他にもローソクの見方はたくさんあります。チャートの見方をきちんと習得する事が、為替取引によって利益を得る為には必要です。過去の為替の値動きについてより深く知りたいばあいは、過去にあった経済的な出来事を含めてチャートを見るといいでしょう。近年で言えばリーマンショック前後の為替レートの推移やチャートなどです。じっくりと過去の為替レートの推移を追いたいという場合は、為替の動向と国家間の動きを合わせながら考えてみましょう。

 

 

 

 

 

為替レートの推移

為替を利用した取引で利益を出すには、為替レートの推移を読む技術が必要です。為替チャートは、年単位や月単位、分単位のものがあります。どういった推移で、為替レートは動いているものなのでしょう。為替レートというのは外国為替の取引の際に、外貨との交換レートの事です。取引に際しては、為替レートに基づいての売買になります。

 

為替レートというものは、世界経済の情勢やニュースなどの情報を元にしている為、24時間常に変動しています。時々刻々と為替レートが推移していることを利用して、外国為替の売買で利益を得るという仕組みです。まず、1ドル100円の時に、五万円でドルを購入する場合を考えてみます。500ドルが手元にある状態で、$1=120円へと円安になった時に、円に換金するとどうなるでしょう。

 

6万円になるので、1万円の為替差益が生まれたと言う事になります。各国の取引などで、為替レートは常時変動を続けています。レートの推移を予測しながら、売買取引を行います。為替レートの推移を見ただけで、将来的に為替がどうなるかを確実に予想できる人はいません。為替差益を確保するためには、為替レートの推移を予測するために、チャート表の分析だけでなく国情や景気の動向を知ることです。